コンテンツ INDEX
  • 勤務中突然メールが使えなくなるリスク
  • クラウドメールをバックアップする「EMERGENCYMAIL」
  • 最短0分で切替え、メールを完全に復旧
  • 過去メールの閲覧や同一ドメインでの運用も可能
MS 365やG Suiteの障害でメールが急に使えないリスクを回避するには
Microsoft 365とG Suiteのメール障害時でも影響ゼロで完全な業務継続を実現
Microsoft 365やG Suiteといったクラウドサービスは、時間や場所に縛られず利用できる一方、サービス側のシステム障害による業務停止のリスクを常に抱えている。特に、テレワークが一般化したいま懸念されるのが、メールが急に使えなくなることによるコミュニケーションの断絶だ。ひとたびこれが発生すれば、顧客との連絡や問い合わせ対応が困難になり、業務に甚大な影響を与えてしまう。
そこで注目したいのが「バックアップクラウドメールサービス」だ。障害によりMicrosoft 365やG Suiteでのメール送受信ができなくなった際に、最短0分で代替メールサービスへと切り替えられるため、事業継続を容易に実現。また提供される専用ポータルを利用すれば、障害発生以前の過去メールを閲覧したり、障害復旧後にクラウドサービスへメールのデータを戻したりすることも可能になる。
さらに、普段のメールアドレスをそのまま利用する同一ドメインと、バックアップ用の別ドメインの切り替えに対応している点も魅力だ。「メールサービス自体」をバックアップするという先進的な同サービスの特長を、本資料で詳しく見ていこう。
ダウンロードフォームにご記入ください。
必要事項を入力いただき送信ボタンを押してください。メールアドレス宛にダウンロードリンクをお送りします。(フリーメールアドレスはご登録いただけません。普段業務でお使いのメールアドレスをご記載ください)