コンテンツ INDEX
  • 日本でも進むMS365やG Suiteへの移行
  • セキュリティニーズを十分満たせないケースも
  • クラウドセキュリティ機能をオールインワンで提供
  • SSO機能やメール、Teamsの会話のアーカイブなどの対策も進化・拡張する
Microsoft 365やG Suiteのセキュリティを強化する方法
Microsoft 365とG Suiteのセキュリティ強化を「安価なコスト」で実現するオールインワン製品
テレワークなどの新しい働き方が広がる中で、「Microsoft 365」や「G Suite」といったクラウドサービスの利用が増えている。それらが提供する機能の中でも多く使われているのが「メール」だ。しかし、外資系のサービスということもあり、日本企業のセキュリティニーズを満たせない部分もある。
例えば、日本企業に定着している、上長が内容を確認した後に送信したり、添付ファイルを暗号化しパスワードを後送したりするための機能へのニーズは高い。また、監査対応のための長期保存や、業務アプリケーションと連携したシングルサインオン(SSO)も必要になるケースが多い。こうした機能はMicrosoft 365やG Suiteでは標準で提供されないため、サードパーティー製ツールで補完するのが一般的だが、導入コストや運用の負担が懸念点となる。
そこで注目したいのが、脅威防御/標的型攻撃対策からメール誤送信/情報漏えい対策、コンプライアンス対策、SSOとアクセスコントロールまでの4つの機能を、ワンパッケージで提供するサービスだ。1アカウント当たり100円からというコストパフォーマンスの高さも魅力な同サービスの実力を、詳しく見ていこう。
ダウンロードフォームにご記入ください。
必要事項を入力いただき送信ボタンを押してください。メールアドレス宛にダウンロードリンクをお送りします。(フリーメールアドレスはご登録いただけません。普段業務でお使いのメールアドレスをご記載ください)